ブランディング

ブランディング:効果や取り組み方を分かりやすく解説

  • LINEで送る
夜景

ブランディングは企業規模の大小に関わらず欠かせないものです。
この記事では、ブランディングの意味や効果、取り組み方をご紹介します。

ブランディングとは

ブランドとは

「ブランド」とは、社内外で持たれている企業に対する「イメージ」のようなものです。
顧客は企業が提供する商品やサービス、コンテンツから、様々な「イメージ」を抱きます。また顧客だけではなく社員も同様に、自社に対して様々な「イメージ」を持っています。
このように、社内外で持たれている企業に対する「イメージ」のことを「ブランド」と言います。

参考:企業・組織の「ブランド」とは:ブランドを構成する3つの要素

ブランディングとは

”ブランディング”とは、”ブランド”を確立するための取り組みのことです。
言い換えれば、顧客や社員に共通の”イメージ”を持ってもらうための取り組みといえます。
共通の”イメージ”を持ってもらうことは、同じカテゴリーの企業や商品との差別化につながります。

参考:ブランディングとは?意味とたった1つの欠かせない考え方

ブランド戦略

ブランディングと似た言葉に、ブランド戦略という言葉があります。
これはブランディングにおける”戦略”の部分を指した言葉です。ブランディングを行う上での全体的な計画や方向性のことをブランド戦略と呼びます。

ブランディングの目的

ブランディングの目的は、自身の”ブランド”をより顧客や社員の共感を呼ぶものへと磨きあげて伝えていき、差別化を図ることです。

ブランディングとマーケティングの違い

ブランディングとマーケティングはよく似た言葉で、違いは何か?と聞かれると答えるのは難しいのではないでしょうか?しかし、この2つにも明確な違いがあります。

一般的にマーケティングとは、市場の維持・拡大・強化のことをいいます。一方、ブランディングは顧客や社員の共感を獲得することで、他との差別化を図ることを目的としています。言い換えれば、顧客や社員の共感を通じてより長く友好な関係を築いていくための取り組みと言えます。

つまりブランディングは、マーケティングにおける市場の「維持」と「強化」の役割を担っているのです。

ブランディングの効果

ブランディングには、『集客』『採用』『組織』を一手に強化する効果があります。

『集客』の強化

企業の「イメージ」を浸透させることができれば、同業他社の商品やサービスに比べて、自社の商品・サービスを選んでもらいやすくなります。
また、自社の”理念”や”想い”に共感してもらうことができれば、長く友好な関係を築くこともできます。

『採用』の強化

『採用』においても、自社の「イメージ」が浸透することで企業と学生や転職者の間のギャップを少なくすることができます。
ギャップが少なければ離職率を低く抑えることができ、優秀な人材をとどめることができます。また、人材が定着することでノウハウの蓄積にもつながります。

『組織』の強化

社内に”理念”や”想い”が浸透していると、企業の『組織』力が向上します。
なぜなら、社員が『自分が何のために働いているのか』や『働きがい』を見失うというようなことが無いからです。
また経営者が「儲け」や「流行り」に流されてしまいそうなときにも、”理念”や”想い”を明確にしておくことで、進むべき道を見誤らずに済むはずです。

ブランディングの手順

ブランディングには3つの手順があります。それは

  • “理念”や”想い”、”強み”を明確にする
  • ターゲットを明確にする
  • 伝え方を決める

の3つです。

“理念”や”想い”、”強み”を明確にする

「ブランド」を確立するためには、まず自社の”理念”・”想い”・”強み”を明確にする必要があります。
「社会においてどのような役割を担っているのか」「大切にしている想いは何か」「他社に負けない強みは何か」など、社内外に浸透させるべきことが何かを明確にします。

ターゲットを明確にする

社内・社外の両方に、ブランディングができていることが理想ですが、「社員に対して」「顧客に対して」「学生・転職者に対して」それぞれの場合によって伝え方は変わってきます。
自社の課題と取り組むべき優先順位を明確にして、ターゲットを定めていきましょう。

伝え方を決める

ターゲットが決まったら、ターゲットに対してどのように伝えるか、を決めます。
まずは、ロゴやキャッチコピーといったシンプルなものにまとめることをお勧めします。そうすることで、CMや動画、Webサイトや書籍・パンフレットといったメディアに落とし込む際の指針になり、全体に一貫性をもたせやすくなります。
伝えるメディアを選定する際には、自身の”ブランド”、つまり”想い”や”強み”が伝わりやすいもの、そして”ターゲット”が普段よく目にするであろうものを選びましょう。

参考:ブランディングで成果を得るためのたった3つの手順

ブランディングの手法

ブランディングの手法には、上に挙げたようにCMや動画、Webサイトや書籍・パンフレットなど様々なメディアを使ったものがあります。いずれも、費用や特性は様々です。自社の規模や見込める成果に応じて選ぶことが重要です。

まとめ

ブランディングを行うことは『集客』『採用』『組織』の強化し、企業の成長・拡大につながります。
ターゲットや伝えること、効果的な伝え方を見つけ出し、「ブランド」の確立を目指していきましょう。

  • LINEで送る

株式会社クロスメディア・マーケティングの企業HPへ

株式会社クロスメディア・マーケティングでは、グループ会社であるクロスメディア・パブリッシングで制作した書籍の流通や、企業の広告プロモーション・PR・のプランニングなどを行っています。

出版にご興味のある方、企業のマーケティングやブランディングに課題を感じている方はお気軽にご相談ください。

企業HPへ

コメント

コメントを残す

*