ブランディング

ブランディングとは?意外と知らない正しい意味と3つの効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ブランディング

ブランディングの必要性は感じるが、そもそもブランディングとはどういう意味なのか?
きっとそう感じている方がこの記事にたどり着いてくださったのだと思います。

ブランディングという言葉を耳にすることはよくありますが、その正しい意味を知る機会はあまりありません。

そこで、この記事ではブランディングの正しい意味と、ブランディングを成功させるために知っておくべきポイントをご紹介します。

ブランディングの目的手法手順については、より詳しく解説した記事へのリンクもご紹介しているので、是非そちらもチェックしてみてください。

目次

・ブランディングとは
・ブランディングの目的と効果
・ブランディングの手法
・ブランディングの手順
・まとめ

ブランディングとは

ブランディングの意味

ブランディングとは、「企業・商品の認知度を高め、好感を持ってもらうための取り組み」のことです。

例えば、企業の歴史や商品の品質についてTVCMやWEBサイトを通じて社会に発信していくことは、ブランディング活動の一環になります。

ブランドとブランディング

ブランドの意味

ブランディングと似た言葉に、”ブランド”という言葉があります。

ブランドとは、企業や商品に対して社内外で持たれている”イメージ”のことです。「あの企業の人は皆、人あたりがいい」とか「あの商品は価格が安くて長持ちする」といったようなイメージは、すべて企業や商品にとってのブランドになります。

ブランドは、企業や商品そのものをはじめ、働いている人やオフィスの雰囲気、テレビや街中で見かける広告などあらゆるものによって形成されます。

ブランドとブランディングの違い

つまり、社内外で持たれているイメージのことをブランドと呼び、そのイメージをより好感の持てるものとして広めていくことをブランディングと呼ぶのです。

ブランディングとマーケティング

ブランディングとマーケティングという2つの言葉は、似たような意味で使われている場合がよくあります。しかし、この2つには明確な違いがあります。

マーケティングの意味

一般的に、マーケティングとは商品が売れるようにするためのあらゆる活動を指します。例えば、商品が売れるようにするための分析・調査、人員の確保、顧客の確保などです。

ブランディングとマーケティングの違い

一方、冒頭でもご紹介した通り、ブランディングとは「企業・商品の認知度を高め、好感を持ってもらうための取り組み」のことす。「認知度を高め、好感を持ってもらう」ことによって、「人員の確保、顧客の確保など」を目指すのがブランディングです。

つまり、マーケティングとは「商品が売れるようにするためのあらゆる活動」を指し、ブランディングとはマーケティング活動を実現するための1つの手法を表す言葉なのです。

ブランディングの目的と効果

「ブランディングとマーケティングの違い」の項でご紹介した通り「認知度を高め、好感を持ってもらう」ことによって、「人員の確保、顧客の確保など」を目指すのがブランディングです。

ブランディングの目的というと、「認知度を高めること」や「好感を持ってもらうこと」などを思い浮かべる方も多いかと思います。しかし、多くの企業が「認知度を高めこと」や「好感を持ってもらうこと」によって実現したい「人員の確保、顧客の確保」のような本来の目的を持っているはずです。

そのような本来の目的には大きく分けて次の3つがあります。

・集客力の強化
・採用力の強化
・組織力の強化

ひとつひとつの取り組み方と、具体的な効果を簡単にご紹介します。『ブランディング:3つの効果と取り組み方をわかりやすく解説』の中で、より詳しくご紹介しています。

集客力を強化するブランディング

取り組み方

集客力を強化するためのブランディングは、最も一般的なブランディングで、顧客をターゲットにして取り組みます。商品の強みや、そこに込められた想いを伝えることが主な取り組みとなります。

具体的な効果

・売上の向上
・利益の向上
・継続的な売上・利益の創出

採用力を強化するブランディング

取り組み方

採用力を強化するためのブランディングは、学生・転職者をターゲットにして取り組みます。商品の強みや、そこに込められた想いに加えて、経営理念働きがい働き方などを伝えることが主な取り組みとなります。

具体的な効果

・人材とのミスマッチの防止
・採用効率の向上
・採用への応募数の増加

組織力を強化するブランディング

取り組み方

採用力を強化するためのブランディングは、社員をターゲットにして取り組みます。経営理念働きがいを伝えることが主な取り組みとなります。

具体的な効果

・顧客満足度の向上
・従業員満足度の向上
・一体感の醸成

アウターブランディングとインナーブランディング

ここまで、ブランディングを目的によって3つに分類してきました。これに似た分類として、アウターブランディングとインナーブランディングという言葉があります。

アウターブランディングとは

企業の強みや理念をより好感の持てるものとして社外へ発信していく取り組みをアウターブランディングと呼びます。

先にご紹介した3つのブランディングのうち、「集客力を強化するブランディング」「採用力を強化するブランディング」は、このアウターブランディングに含まれます。

インナーブランディングとは

自社の理念や働きがいなどを社内の社員に浸透させていこうとする取り組みのことを、インナーブランディングと言います。

先にご紹介した3つのブランディングのうち、「社員をターゲットにしたブランディング」が、このインナーブランディングに含まれます

ブランディングの分類

アウターブランディングとインナーブランディングという2つの言葉は、情報を発信する向きによってブランディングを分類した言葉です。

情報発信の方向を意識する時に、この分類は有効です。しかし、ブランディングに取り組むときの目的や手段をより明確にするためには、先にご紹介した「集客力」「採用力」「組織力」という目的ごとの分類をおすすめします。

ブランディングの手法

ここでは、目的ごとにブランディングの手法をご紹介します。『効果別ですぐにわかる!あなたの会社に必要なブランディング手法』の中で、より詳しくご紹介しています。

目的に合った手法を使って、効率的にブランディングに取り組んでいきましょう。

集客力を強化するブランディングの手法

・TV・ラジオCM
・WEBサイト(オウンドメディア・商品サイトなど)
・SNS(Facebook、Twitter、Instagramなど)
・書籍
・グッズ

採用力を強化するブランディングの手法

・WEBサイト(コーポレートサイト・採用サイト・担当者のブログなど)
・SNS(Facebook、Twitter、Instagramなど)
・説明会
・パンフレット制作

組織力を強化するブランディングの手法

・ブランドブック制作
・ブランドムービー制作
・社内向けサイト
・社内イベント

ブランディングの手順

ブランディングは正しい手順を踏むことが大切です。この手順を知っておくことで、ブランディングの効果を得やすくなります。

効果が出るブランディングは、以下の3つの手順で進めます。

・経営理念を明確にする
・目的・ターゲットを明確にする
・ブランディングの手法を決める

それぞれの手順を簡単にご紹介します。より詳しい内容は『ブランディングで成果を得るためのたった3つの手順』でご紹介しています。

経営理念を明確にする

経営理念とは、「企業活動の方向性を示す、基本的な考え方」のことです。

ブランディングに取り組む時には、様々な情報を様々な形で社内外に発信することになります。その時に発信する情報やメッセージの基本となるのが、この経営理念です。

つまり、「どのようなメディアを使うか」や「どのような情報を発信するか」を考える前に、しっかりとした経営理念を持っておくことが重要なのです。

参考:
経営理念が社内に浸透しないときに見直すべき3つの点
経営理念の作り方。たった5つの手順で明確にする「志」

目的・ターゲットを明確にする

「ブランディングの目的と効果」の節でご紹介した、目的とターゲットをあなたの課題に合わせて決めます。

ブランディングで思うような効果を得られない原因の多くは、目的を明確に意識できていないことにあります。

多くの経営層が「ブランド力が身につけば、顧客も人材も集まって強い組織が作れるのではないか」と様々な課題をひとまとめに考えてしまうのです。

しかし、ブランディングは求める効果によって取り組み方が大きく異なります。目的を明確にして取り組むことで、無駄のない効率的なブランディングを実現することができます。

参考:ブランディング:3つの効果と取り組み方をわかりやすく解説

ブランディングの手法を決める

理念と目的・ターゲットまで明確になったら、ブランディングの手法を考えていきましょう。目的が曖昧なままだと、取り組む手法にもバラつきが出てしまいますが、明確な目的とターゲットをもって手法を選ぶことで、無駄のないブランディングが実現できます。

参考:効果別ですぐにわかる!あなたの会社に必要なブランディング手法

まとめ

ブランディングとは、「企業・商品の認知度を高め、好感を持ってもらうための取り組み」のことで、より質の高いマーケティング活動を実現するための1つの手法を表す言葉でした。

また、取り組み方によって得られる効果にも様々なものがあるため、取り組むときには目的を明確に持っておくことが重要です。

明確な目的をもって取り組むことで、無駄のない効率的なブランディングを実現し、より確実に効果を実感することができるようになるはずです。

 

関連記事
ブランディング:3つの効果と取り組み方をわかりやすく解説
効果別ですぐにわかる!あなたの会社に必要なブランディング手法
ブランディングで成果を得るためのたった3つの手順

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

経営企画の担当者も意外と知らない
企業ブランド構築する方法

出版社クロスメディア・マーケティングでは、企業のノウハウやストーリーを書籍にまとめて社内外に発信する、「企業出版」というブランディング手法を提供しています。社内外で企業への認知度を向上させることで、企業ブランドの構築を促進します。出版社としてのノウハウを活かし、あなたの課題にあった書籍企画・プロモーションをご提案します。

企業出版とは

コメントを残す

*