ブランディング

ブランディングとは?5つのポイントで理解する「ブランディング」

  • LINEで送る

ブランディングの必要性は感じるが、そもそもブランディングとはどういう意味なのか、今ひとつ明確ではないという方は多いのではないでしょうか?

この記事では、「ブランディングとは何か?」をわかりやすくご紹介します。

ブランディングとは

マーケティングにおいて「ブランディング」とは、「顧客に好感を持ってもらうための取り組み」といった意味で使われています。

例えば、「自社のブランドのイメージアップに取り組む」時に「ブランディングに取り組む」と言ったりします。

ブランディングの目的

ここで注意しておきたいことは、ブランディングは「顧客に好感を持ってもらうための取り組み」であり「顧客を増やすための取り組み」ではないということです。

顧客がたくさんいることがブランディングにつながることはありますが、ブランディングの目的はあくまでも「好感を持ってもらうこと」です。

目的を意識する

この点に注意しなければいけない理由は、目的を見失わないようにするためです。会議や考え事をしている時に、自社のイメージアップを図る戦略を練っていたはずなのに、いつの間にか市場を拡大することまで考えてしまい論点がずれてしまう、というようなことはよく起こります。

ブランディングの意味を明確に把握しておくことで、目的を見失わず、論点のずれを防ぐことができるはずです。

マーケティングにおけるブランディング

一般的に、マーケティングは市場の維持・拡大・強化のことをいいます。

つまり、ブランディングは、マーケティングの中でも主に、市場の「維持」と「強化」の役割を担っているのです。

ブランディングの効果

顧客の好感を獲得できていない状態では、当然自社の商品を選んでもらえる確率は低くなります。そうなると、売り上げを上げるためには、価格を下げたり、プッシュ型の営業を強化したりすることになります。結果、それらがさらにマイナスのイメージに結びついてしまい、悪循環に陥ってしまいます。

逆に顧客の好感を獲得することができれば、顧客から積極的に商品を選んでもらうことができます。すると、価格を下げる必要がなくなります。また、能動的にやってきた顧客に営業を行えば良いので、営業の効率も上がります。

まとめ

ブランディングとは「顧客に好感を持ってもらうための取り組み」であり市場の「維持」と「強化」を主な目的としています。

企業や組織のブランディングがうまくいけば、顧客からの積極的な購買が見込めるため、売上や利益を一手に改善することができるはずです。

  • LINEで送る

コメントを残す

*