出版

『10分間PDCA』実践レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
鬼速PDCA

 

この記事では『鬼速PDCA』を購入された方向けに、ダウンロード付録としてついている『10分間PDCAシート』を実践した記録をご紹介します!

今回は、社内のWeb担当者が実践してみました。

『鬼速PDCA』とは

PDCAを、高速を超える「鬼速(おにそく)」で回す手順を解説した本です。10万部突破のベストセラー。

『10分間PDCA』とは

『10分間PDCA』とは『鬼速PDCA』の付録としてダウンロードできる、『10分間PDCAシート』を使った手軽なPDCA体験です。『鬼速PDCA』を購入された方はお分かりかと思いますが、『10分間PDCA』は以下の7つの手順で取り組みます。

  1. ゴール設定をする
    • 達成したいゴールを決めます。
  2. 課題を考える(制限時間 3分)
    • ゴールを実現するにあたって考えられる課題をできるだけ多く書き出してくだします。(目安:7個以上)
  3. 課題の絞り込み(制限時間 30秒)
    • 上で書き出した課題の中から「もっともインパクトがありそうなもの」を3つ選びます。
  4. 解決策を考える(制限時間 3分)
    • 3つに絞った課題を解決する方法を書き出します。(目安:10個以上)
  5. 解決策の絞り込み(制限時間 30秒)
    • 上で書き出した解決策のなかから「もっともインパクトがありそうなもの」を3つ選びます。
  6. タスク化(制限時間 2分)
    • 3つに絞った解決策について「手段(どうやるか)」と「期日(いつまでにやるか)」を決めます。
  7. 見える化(制限時間 1分)
    • 上で決めたタスクをスケジュール帳に書き写します。

このたった10分間を繰り返すだけでPDCAサイクルを回せる仕組みになっているのです。

それでは、早速実践してみます!

『10分間PDCA』実践

1.ゴール設定をする

ちなみに、ここは10分間の中には含まれていないので、少しじっくり考えてもいいかもしれません。今回は自分が担当しているWEBにまつわるゴールを設定しました。

ゴール
1カ月後にサイトの訪問者数を3倍にする。

次の『2.課題を考える』から『7.見える化』まではそれぞれ制限時間が設けられているので、時間を計って10分で終わらせてみました。

2.課題を考える(制限時間 3分)

流入の経路が少ない
SEO上位表示回数が少ない
タイトルやディスクリプションが魅力的ではない
社名の認知度が低い
グループ企業のサイトとの連携が弱い
SNSのフォロワー数が少ない
コンテンツが少ない
リピート率が低い
広告露出が少ない

ここまで3分。たった3分でも結構出せるなぁ、と感じました。

3.課題の絞り込み(制限時間 30秒)

流入の経路が少ない
SEO上位表示回数が少ない
タイトルやディスクリプションが魅力的ではない
社名の認知度が低い
グループ企業のサイトとの連携が弱い
SNSのフォロワー数が少ない
コンテンツが少ない
リピート率が低い
広告露出が少ない

ここまで3分30秒。ここは感覚で、パッと選びました。

4.解決策を考える(制限時間 3分)

グループサイトの各所にリンクを貼る
外部サイトからもリンクを貼ってもらう
ツイートを定期的に行う
SNSの活用術を身につける
相互リンクを貼ってもらえるようなコンテンツを準備する
YouTubeを使う
外部サイトに記事を寄稿する
広告を出す
メールマガジンを配信する
友達にアクセスしてもらう

ここまで6分30秒。課題が明確なので、ここもサクサク出すことができました。

5.解決策の絞り込み(制限時間 30秒)

グループサイトの各所にリンクを貼る
外部サイトからもリンクを貼ってもらう
ツイートを定期的に行う
SNSの活用術を身につける
相互リンクを貼ってもらえるようなコンテンツを準備する
YouTubeを使う
外部サイトに記事を寄稿する
広告を出す
メールマガジンを配信する
友達にアクセスしてもらう

ここまで7分。こちらもパッと選びました。

6.タスク化(制限時間 2分)

週に1か所、グループサイトのどこかにリンクを増やしていく。
明日中にSNSの活用に役立つWeb記事を10件見つける
今週中にキュレーションサイトや記事寄稿の募集をしているところを5件見つける

ここまで9分。2分しかないので、「できるかな…?」と迷う暇もなくタスク化できてしまいました。

7.見える化(制限時間 1分)

Googleカレンダーに入力しました!

以上、たった10分でPDCAのPが完了しました。

まとめ

課題や解決策を考える時間はそれぞれ3分ずつしかないのですが、思ったよりたくさん出せるものなんだなぁ、と感じました。あとは、実際に見える化したことを行って、再度『10分間PDCA』をやるだけで、PDCAを回せてしまいます。

やるべきことが明確になると、なんとなくやる気がわいてくるような気がしました。タスクを明確化することでモチベーションを上げることもPDCAの効果の1つなのだそうです。

鬼速PDCA』では1~7の手順を行う上で注意するポイントや、効果的な取り組み方が詳しく紹介されていますが、この『10分間PDCA』をやってみるだけでもかなりPDCAの効果を感じられるような気がします。

『鬼速PDCA』とあわせて読みたい本7選

『鬼速PDCA』『営業』とあわせて読みたい本7選』では、『鬼速PDCA』や『営業』を手に取られた方におすすめしたいビジネス本をご紹介しています。こちらもぜひチェックしてみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

経営企画の担当者も意外と知らない
企業ブランド構築する方法

出版社クロスメディア・マーケティングでは、企業のノウハウやストーリーを書籍にまとめて社内外に発信する、「企業出版」というブランディング手法を提供しています。社内外で企業への認知度を向上させることで、企業ブランドの構築を促進します。出版社としてのノウハウを活かし、あなたの課題にあった書籍企画・プロモーションをご提案します。

企業出版とは

コメントを残す

*