• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

経営理念とは?顧客満足度にも影響する浸透度

目

経営理念が社内に浸透しているかどうかは、従業員の仕事に対する満足度や、顧客の商品に対する満足度にも影響を与えます。

この記事では、経営理念の意味具体例を確認したうえで、社内に浸透させることで得られる効果をご紹介します。

併せて、社内に浸透する経営理念の作り方や、浸透させる方法も簡単にご紹介しています。より詳しく紹介したページへのリンクも記載していますので、ぜひそちらもチェックしてみてください。

目次

・経営理念とは
・経営理念を浸透させることで得られる効果
・経営理念が浸透しないときに見直すべきポイント
・経営理念の作り方
・経営理念を浸透させる方法

経営理念とは

経営理念とは、企業活動の方向性を示す、基本的な考え方を表現するものです。

具体例

SQUARE ENIXの企業理念

最高の「物語」を提供することで、世界中の人々の幸福に貢献する。

行う事業や、社会に果たす役割が端的に分かりやすく表現されています。(企業理念 | SQUARE ENIX

KIRINグループの事業理念

「飲みもの」を進化させることで、「みんなの日常」をあたらしくしていく。

こちらも行う事業や、社会に果たす役割が端的に表現されています。また、キャッチコピーのようなここちよいフレーズが興味を引きます。(グループ事業理念|企業情報|キリン

 

KDDIグループの企業理念

KDDIグループは、全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、お客さまの期待を超える感動をお届けすることにより、豊かなコミュニケーション社会の発展に貢献します。

企業が、お客様・従業員に提供する価値や、社会にどのように貢献していくのかが分かりやすく表現されています。(企業理念 | KDDIについて | KDDI株式会社

経営理念を浸透させることで得られる効果

経営理念を浸透させることで現れる変化

経営理念が浸透すると、社内に次のような変化が生まれます。

・社員の仕事に対するモチベーションが向上する
・社員に顧客目線が身につく
・社内に一体感が生まれる。

社員の仕事に対するモチベーションが向上する

経営理念を社員ひとりひとりがしっかりと理解することで、「自分たちが何のために働いているのか」「自分たちの仕事がどのような価値を生み出しているのか」を意識し、高いモチベーションで仕事に取り組めるようになります。

社員に顧客目線が身につく

「自分たちの仕事がどのような価値を生み出しているのか」を理解することは、よりよい価値を提供しようという意識づけにもつながります。そうすることで、社員ひとりひとりが顧客目線を持って働くことができるようになります。

社内に一体感が生まれる。

経営理念の浸透は、社員の意識の方向性を一致させる効果もあります。社員が経営理念を共有することで、異なる部署どうしのコミュニケーションも活性化し、会社全体に一体感が生まれます。

経営理念を浸透させることで得られる効果

上記のような変化が、社員の気持ちや、商品・サービスに次のような効果をもたらします。

・従業員満足度の向上
・従業員定着率の向上
・顧客満足度の向上

従業員満足度の向上

「自分たちが何のために働いているのか」「自分たちの仕事がどのような価値を生み出しているのか」を理解することで、仕事のやりがいを理解し、仕事に対する満足度が向上します。

従業員定着率の向上

高い満足度で仕事ができるようになれば、おのずと人材の定着率も向上していき、ノウハウの定着にもつながります。

顧客満足度の向上

社員に顧客目線が身に付き、会社全体に一体感が生まれれば、全社をあげてよりよい商品やサービスを開発・提供できるようになります。

参考:顧客満足度とは?満足度向上のために今すぐやるべき取り組み

経営理念が浸透しないときに見直すべきポイント

ここからは、経営理念の作り方や社内に浸透させる方法をご紹介します。このページと、このページからリンクしているページの内容を読み実践していただければ、きっと成果につながるので、ぜひ参考にしてみてください。

経営理念が社内に浸透しないときに見直すべき点は、次の3つです。

・ありきたりな言葉になっていないか?
・本当に実現したい想いが反映されているか?
・会社が果たす社会的意義が盛り込まれているか?

経営理念は、ありきたりではなく、あなたが本当に実現したい想いと、果たすべき社会的意義を反映した言葉で表現することが大切です。

そうすることで、経営理念の社内への浸透が進み、社員のモチベーションや社内の一体感が高まっていくはずです。

経営理念が社内に浸透しないときに見直すべき3つの点』の中で、より詳しく紹介しています。

経営理念の作り方

上でご紹介した3つのポイントを押さえた経営理念は、次の手順で作ることができます。

・「実現させたい願望」を書き出す
・「絶対にやりたくないこと」を書き出す
・お店の置かれた状況を分析する
・「社会的意義」とすり合わせる
・「これでいける!」と思うところまでつくり直す

この方法は、『モノを売るバカ』や『一行バカ売れ』の著者である川上徹也さんが、著書『価格、品質、広告で勝負していたら、お金がいくらあっても足りませんよ』で紹介している方法です。手順の詳細を『経営理念の作り方。たった5つの手順で明確にする「志」』で紹介しています。

経営理念を浸透させる方法

社内に経営理念を浸透させる方法には以下ようなものがあります。

・社員総会・社内イベントを行う
・理念や歴史をまとめたブランドブックを作成する
・理念や歴史をまとめたブランドムービーを作成する
・社内向けWebサイトを活用する
・理念を体現できているかの評価を反映した人事制度を作る
・社内報を発行する

各方法の詳細や事例を『経営理念を社内に浸透させる6の方法』で紹介しています。

いずれの方法も、経営理念そのものが

・ありきたりな言葉になっていないか?
・本当に実現したい想いが反映されているか?
・会社が果たす社会的意義が盛り込まれているか?

というポイントを押さえたものになっていることで、大きな効果を生みます。

まとめ

しっかりとした経営理念を、社員ひとりひとりに浸透させることは、社員の定着率や顧客の満足度を向上させる効果があります。

そのためにも、建前だけではない、本音を反映した経営理念を作り、適切な方法で社内に発信していきましょう。

関連記事
経営理念が社内に浸透しないときに見直すべき3つの点
経営理念の作り方。たった5つの手順で明確にする「志」
経営理念を社内に浸透させる6の方法
顧客満足度とは?満足度向上のために今すぐやるべき取り組み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

経営理念浸透につながる
ブランドブックを制作いたします

出版社クロスメディア・マーケティングでは、企業の歴史や理念、働きがいを社員に伝えることに特化した、ブランディングブックの制作サービスを行っています。10万部を超えるベストセラーを生み出してきた編集力を活かして、経営理念の浸透に効果的なブランドブックの制作をお手伝いします。ブランディングブックの制作サービス「企業出版」の詳細は、以下のボタンからご覧いただけます。

企業出版とは

コメントを残す

*