• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

セグメンテーションの意味とは?

セグメンテーション

この記事では、マーケティング戦略の立案に欠かせない、セグメンテーションという考え方をご紹介します。

目次

1.セグメンテーションの意味
2.セグメンテーションを行う理由
3.セグメンテーションのやり方
まとめ.効果的な分類を見極める

セグメンテーションの意味

セグメンテーションとは、「分割すること」という意味です。

特にマーケティングにおいては、顧客を性質ごとに分類することセグメンテーションと言います。また、分類されたグループひとつひとつセグメント呼びます。

セグメンテーションを行う理由

セグメンテーションは、商品のターゲットを考えるときに役に立ちます。

市場を様々な角度から分類することで、それまで見落としていた顧客層に気づき、新しいターゲットへのアプローチを可能にします。

セグメンテーションのやり方

セグメンテーションは、「年齢」「性別」「価値観」「商品に対する知識量」など、様々な要素を用いて行います。

しかし、要素をあまり多く設定しすぎると分類が複雑になってしまうおそれもあります。その場合は「自社の商品にとって重要かどうか」、あるいは「実際にマーケティング施策に反映できるかどうか」といった観点から、要素を選ぶことが必要です。

セグメンテーション変数

「年齢」「性別」「価値観」「商品に対する知識量」など、セグメンテーションに用いる要素のことを、セグメンテーション変数と呼びます。

セグメンテーション変数は、特徴ごとに使い分けることが重要です。以下の記事では、セグメンテーション変数の例や、それぞれの特徴などを詳しくご紹介しています。『セグメンテーション変数とは?』

まとめ.効果的な分類を見極める

この記事では、マーケティングにおけるセグメンテーションの意味をご紹介しました。

セグメンテーションは、様々な角度から市場を分類し、どのような分類が自社の商品にとって効果的かを見極めることが重要です。

セグメンテーションのやり方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

企業の認知度を高める方法

企業の認知度を高める、書籍の執筆・出版をしてみませんか?

株式会社クロスメディア・マーケティングでは、企業の集客力・認知度の向上に特化した出版サービス「企業出版」を提供しています。

企業出版について詳しく見る

コメントを残す

*