• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

セグメンテーション変数とは?

セグメンテーション

この記事では、市場を細分化するときのポイントとなるセグメンテーション変数について、意味や具体例を確認します。

目次

1.セグメンテーションとは
2.セグメンテーション変数とは
3.セグメンテーション変数の例
まとめ.変数の特徴を理解して使い分ける

セグメンテーションとは

マーケティングにおいてセグメンテーションとは、顧客を性質ごとに分類することを指します。また、分類されたグループひとつひとつをセグメント呼びます。

市場を様々な角度から分類することで、それまで見落としていた顧客層に気づき、新しいターゲットへのアプローチを可能にします。

セグメンテーション変数とは

セグメンテーション変数とは、セグメンテーションを行うときの切り口です。

例えば、市場を10代以下・20代・30代・40代・50代・60代・70代以上というセグメントに分ける場合、セグメンテーション変数は「年齢(年代)」です。

セグメンテーション変数の例

セグメンテーション変数には、様々な要素が用いられます。ここからは、セグメンテーション変数としてよく用いられる要素を、4つの種類に分けてご紹介します。

年齢・性別・職業など

年齢・性別・職業などの要素は、人口動態変数(デモグラフィック変数)と呼ばれます。

人口動態変数には、以下のようなものが考えられます。

  • 年齢
  • 性別
  • 職業
  • 所得
  • 学歴
  • 家族構成

国・地域・文化など

国・地域・文化などの要素は、地理的変数(ジオグラフィック変数)と呼ばれます。”地理的”という名前からもわかる通り、地域によって偏りが生まれる要素が含まれます。

地理的変数には、以下のようなものが考えられます。

  • 地域
  • 経済状況
  • 人口
  • 気候
  • 文化

価値観・趣味など

価値観・趣味などの要素は、心理的変数(サイコグラフィック変数)と呼ばれます。人口動態変数や地理的変数と比べて、測定が難しい変数ではありますが、市場のニーズをとらえるうえでは、とても重要な変数です。

心理的変数には、以下のようなものが考えられます。

  • 価値観
  • 趣味
  • 興味関心の対象

商品知識・購買状況など

商品知識・購買状況などの要素は、行動変数と呼ばれます。例えば、商品について「全く知らない」「名前は知っている」「よく知っている」のような分類につながります。

行動変数には、以下のようなものが考えられます。

  • 商品知識
  • 商品に対する興味
  • 購買状況
  • 商品への満足度

まとめ.変数の特徴を理解して使い分ける

「人口動態変数」「地理的変数」「心理的変数」「行動変数」の4種類の変数をご紹介しました。

変数にはそれぞれ特徴があります。「人口動態変数」や「地理的変数」によるセグメンテーションは、市場のニーズを反映しづらい面もあります。例えば、関東に住んでいる30代の男性というセグメントを考えても、必ずしも同じニーズを抱えているとは限りません。

一方、趣味が草野球の人という「心理的変数」によるセグメントであれば、おそらく年齢や住む地域は違っても、かなり近いニーズを持ったセグメントをつくることができます。

ただし、「心理的変数」「行動変数」は市場のニーズを反映しやすい反面、計測が難しいという短所もあります。

セグメンテーションを行うときには、それぞれの変数の長所・短所を理解したうえで、適切なものを活用していくことが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

企業の認知度を高める方法

企業の認知度を高める、書籍の執筆・出版をしてみませんか?

株式会社クロスメディア・マーケティングでは、企業の集客力・認知度の向上に特化した出版サービス「企業出版」を提供しています。

企業出版について詳しく見る

コメントを残す

*